コウモリ被害なら任せて安心!コウモリ駆除税込22,000円~

コウモリには細菌や寄生虫の危険が!

24時間365⽇、日本全国受付中! 調査・見積り無料 各種クレジットカードOK!

通話無料 0800-805-6472

メールで無料相談

今ならすぐにご対応可能です

コウモリの駆除なら、コウモリ駆除お助け隊にお任せください!
天井裏に住み着いたコウモリも迅速・丁寧に対応します!駆除費用税込22,000円~ お見積り無料 コウモリが住み着くことで生まれる被害 フンや尿のにおいやカビなどの発生 ダニやウィルスの繁殖 屋根裏でコウモリがバタバタ動く騒音被害 > 屋内への侵入経路を見つけ、コウモリを追い出し侵入経路を防ぎます。 追い出し 進入路塞ぎ 糞の清掃 消毒
料金のご案内へ 見えないところでこんなことになっているかも!
巣ができていて大量のフンや尿が散乱している 屋根裏に大量のコウモリが侵入している形跡がある フンや尿から強烈なにおいが!
この状態でいると「家の破損」、「悪臭」などの被害につながります
そうなる前にすぐにお電話ください!
コウモリ駆除って自分でできるの?

コウモリは鳥獣保護法により、傷つけることが禁止されています。そのため、許可なく捕獲や殺傷すると違法行為となります。追い出したり、侵入箇所を塞いだりと近寄らないようにすることが自分でできる範囲となります。

もし、大量のコウモリの被害にお困りの際はプロにお任せください!プロであれば許可を得え上で、効果的に駆除できます。

コウモリ駆除のプロにお任せください コウモリの被害はこんなに恐ろしい
  • カビや菌などの繁殖

    コウモリのフンや尿からはカビや菌が発生していることもあるので不衛生です。

  • ノミ・ダニの発生

    コウモリはノミやダニを媒介するため、素手で触れると感染してしまうことがあります。アレルギーなどの原因になるので危険です。

  • 狂犬病を持っている

    コウモリが狂犬病の媒介者になることもあり、世界では実際に媒介されています。日本にいるコウモリは媒介の可能性は低いです。ですが、完全に安心はできないでしょう。

コウモリを駆除するのに適した季節

コウモリは冬眠をするので、冬眠時期には追い出すことは難しいです。そのため、出産時期にあたる4月から6月の間に駆除すると子供まで一緒に駆除できるので適しています。駆除に適した時期を確認しておくことで、効果的に駆除しましょう。

春 4月~6月 子供のコウモリを家に残さない 駆除に最適 夏 7月~8月 子育て 秋 9月~10月 冬眠中は追い出すのが困難 駆除に最適 冬 11月~3月 冬眠
プロが行う効果的な駆除事例 被害の状況やお客様のご要望に合った方法にて駆除いたします。

屋根裏にコウモリが侵入している場合、専用の薬剤をまいて隙間を塞ぎます。侵入口は、パテやコーキング剤・ネットなどを使用して塞ぎます。

コウモリのフンや尿がある場合、しっかり取り除き、除菌・消毒をして後に侵入口を塞ぎます。

屋根と外壁の隙間からコウモリが侵入している場合は、侵入口を消毒したのちネットにて塞ぎます。

シャッターの隙間からコウモリが侵入してきている場合、殺菌をしてネットにて侵入口を塞ぎます。

コウモリの住処は病原菌の温床!今すぐご相談を!!

お見積り後のキャンセル可能!24時間365⽇ 早朝・深夜も受付中!

現在、お電話が
繋がりやすくなっております

通話無料 0800-805-6472

  • メールで無料相談
  • 調査・見積り無料

コウモリ駆除お助け隊では、お見積り後に追加料金は発生しません。「高額な料金を後から請求されたらどうしよう…」このような心配なく、はじめても安心してご利用いただけるようになっています。現場調査・お見積りは無料となっているので、コウモリの被害でお困りの方は一度お電話ください。お見積り時点でのキャンセルには費用はかかりません。お気軽にお問合せください。

コウモリ駆除お助け隊では、年中無休で受付対応しているコールセンターを設けております。「深夜や早朝しか時間がない…」そんな方でも、安心してお電話ください。もちろん祝日でも受付対応しております。お客様のご都合のよい時間にお電話ください。迅速かつ丁寧にスタッフが対応させていただきます。

コウモリ駆除お助け隊では、日本全国からのお問合せに対応しております。弊社では、北海道から沖縄まで全国の加盟店と連携しているので、「地方でも対応してもらえるか?」とご不安な方でもお任せください!迅速かつ丁寧に対応させていただきます。

コウモリ駆除お助け隊は多くのコウモリでお困りの方にご利用いただいており、ご満足の声をたくさんいただいております。これからもこのような高評価をいただけるように、更なるサービスの向上に努めて参ります。コウモリの被害でお困りの際は遠慮なくお問合せください。少しでもお客様のお力になれれば幸いです。

24時間365日受付中!お気軽にご相談ください!急なトラブルは私たちにおまかせ

  • ごとう
  • やました
  • あきた
  • もり
  • やまだ
  • なかお
  • ふじた
  • とみます
STEP01 まずはお問い合わせください

コウモリ駆除お助け隊では、24時間365日受付対応可能のコールセンターにてお客様のお問合せをお待ちしております。お気軽にお電話ください。

STEP02 無料現地調達・お見積り

お客様の元にお伺いし、現地調査を行います。その場でお見積りをご提示させていただきますので、内容をご確認ください。

STEP03 作業開始~完了

お見積りに納得いただけましたら、作業日を決定します。作業終了後はお客様に確認していただき、お支払いいただき作業完了となります。

コウモリの住処は病原菌の温床!今すぐご相談を!!

お見積り後のキャンセル可能!24時間365⽇ 早朝・深夜も受付中!

現在、お電話が
繋がりやすくなっております

通話無料 0800-805-6472

  • メールで無料相談
  • 調査・見積り無料

よくあるご質問

無料現地調査では・・・

コウモリ駆除お助け隊では、無料にて現地調査・お見積りをさせていただきます。コウモリのプロが対応しますので、安心してお問合せください。

コウモリの住処は病原菌の温床!今すぐご相談を!!

お見積り後のキャンセル可能!24時間365⽇ 早朝・深夜も受付中!

現在、お電話が
繋がりやすくなっております

通話無料 0800-805-6472

  • メールで無料相談
  • 調査・見積り無料

コウモリは、暗い洞窟に住んでいるイメージを持たれる方が多いかと思います。しかしコウモリには900以上の種類がおり、住宅街で生活をして人々を困らせている種類もいます。ここでは、別名「イエコウモリ」ともいわれている「アブラコウモリ」の生態について詳しくご紹介します。「アブラコウモリ」は住宅に住みつき、人に被害を与える唯一のコウモリです。そのため、家で見かけるコウモリのほとんどがこの種類です。

主食

主に、昆虫などを食べて生活をしており、吸血鬼のイメージをもつコウモリですが、そのような行為はしません。昆虫というのは、蚊やクモ・ゴキブリといったものを好みます。そのため、害虫を駆除してくれるというよい面も持っています。

潜伏場所・行動

住宅の屋根裏や軒下・換気扇などの暗い場所に潜伏していることが多く、夜行性のコウモリ。夕方になると巣から一気に飛び出して行動を開始します。そして、朝方には巣に戻ります。冬には冬眠をし、春にはまた姿をみせます。

大きさ

大きさは体長約5㎝で体重が約10gとなっており、とても小さいです。そのため、少しの隙間があれば住宅に侵入してきてしまいます。

寿命

メスは約3年でオスは約5年といわれています。

繁殖期

繁殖時期は、初夏に1度に1~3匹を出産します。巣から約1ヶ月で巣だっていきます。

主に住宅内に住みつく「アブラコウモリ」ですが、人に被害を与えることはありません。しかし、住宅に住みついてしまうとフンや尿の被害に悩まされることもあります。そして、フンや尿を放置していると、ダニやカビは発生してしまうので早期駆除が重要となります。コウモリ駆除方法をご紹介します。

コウモリ駆除する前に注意する点

鳥獣保護法によりコウモリ自体を駆除することはできないため、コウモリを傷つけたりすると違法行為になるので注意が必要です。コウモリ自体にウイルスをもっていることもあるので、捕まえて素手で触るなどするのはやめましょう。


以上のことから、主なコウモリ駆除は、「追い出す方法」「侵入箇所を防ぐ」方法にて行なわれます。コウモリはクモやゴキブリなどの害虫を食べてくれるので被害がない場合は、駆除しないほうがよいでしょう。

コウモリの追い出し方

コウモリが住宅内に侵入してしまった場合、コウモリの嫌がる方法にて追い出しましょう。コウモリが嫌がるニオイや超音波や強い光・煙などを使用することで、効果的に追い出すことができます。ホームセンターなどで購入できますので、探してみるとよいでしょう。


コウモリは一度追い出してもまた戻ってしまうことがあります。そのため、根気よく「住みにくい場所」ということを感じさせて寄り付かないようにする必要があります。

侵入個所を防ぎ方

コウモリを追い出しても、侵入箇所があれば何度も戻ってきてしまいます。「アブラコウモリ」は小さいので少しの隙間でもあれば侵入してくるので、しっかりと塞ぐことがポイントです。よく侵入してくる箇所は通気口や屋根裏・外壁の隙間ですので、確認してみましょう。


隙間を発見したら、コーキング剤やパテなどを使用して塞ぎましょう。通気口はネットなどを設置するとよいでしょう。また、侵入箇所に忌避剤をまいておくと、侵入をさらに防ぐ効果があります。

なかなか効果ない場合は業者に依頼しよう!

コウモリを駆除する方法を試しても、なかなか効果がないことがあります。そんなときは、コウモリの生態などを把握している業者にお任せしましょう。効果的に追い出してくれるでしょう。
また、コウモリの侵入箇所が特定できない、どこに潜伏しているのかわからない場合はプロに相談しましょう。しっかり特定した上で効果的に駆除してくれます。

コウモリの撃退や予防としてどんなものがあるのか。主に使用されている4選をご紹介します。

1忌避剤
効果

コウモリの嫌うハッカ油が入っており、ジェルタイプやスプレー式のものがあります。ニオイがある期間はコウモリが近寄るのを嫌がるので、予防効果もあります。

用途

散布することで数か月はコウモリが近寄るのを嫌がるでしょう。予防効果もあります。しかし、屋外の場合は雨などでニオイが消えてしまうと効果がなくなるので、定期的に散布しましょう。ただこの方法では、寄せ付けない効果はありますが、根本的な侵入を防ぐことができません。

使用方法

1.コウモリの侵入箇所や潜伏場所を特定する。
2.手袋とゴーグルを着用する。
3.侵入箇所や潜伏場所に散布する。



2超音波・電波

効果

コウモリの嫌がる超音波などにてコウモリを近寄るのを防ぐ効果があります。超音波にてコウモリは位置を把握しているので、超音波などがあると近寄ることをやめます。

用途

今侵入しているコウモリを追い出すことができ、予防もできるでしょう。ただ、忌避剤よりも費用がかかってしまいます。また、超音波などにコウモリが慣れてしまうと効果が亡くなってしまうので注意が必要です。

使用方法

1. 超音波を発生させる器具を購入する。
2. 侵入箇所に設置する。


3ライト・レーザー

効果

夜行性のコウモリは強い光が苦手です。ライトやレーザーを設置することで逃げていくでしょう。今侵入しているコウモリを追い出すのに効果的です。

用途

侵入してきたコウモリを追い出すことができます。ライトの設置などで効果が得られるので、常に対策できるのがよい点です。ただ、一日中ライトをつけておくのは費用がかかってしまうでしょう。他の方法と併用すると効果的でしょう。

設置時の注意点

赤外線センサーを利用してセンターにて点灯するライトは、コウモリに反応しないことがあるので注意しましょう。


4煙
効果

コウモリが嫌がる煙を屋根裏など潜伏場所に散布することで追い出すことができます。なかなか手が届かない場所には効果的です。また、ねずみなども一緒に追い出すことができます。

用途

侵入してきたコウモリを追い出すことができます。侵入箇所がわからないときに、煙の行く手を追うことで隙間を発見することもできます。ただ、持続性がないので定期的に行う必要があります。

使用時の注意点

食品や衣類に煙がかからないように、袋にいれておくとよいでしょう。また、使用したら換気を行い、掃除しましょう。